品質

 珈琲は生鮮食品ですので どうしても劣化(酸化)していきます。藤珈琲では劣化を防ぎ、品質を維持するために以下の管理を行っています。

◉仕入
 100%レインフォレスト・アライアンス認証ですので、生産だけでなく流通においてもコールドチェーン等が守られており、全てにトレーサビリティ証明があります(流通段階から劣化防止の管理がなされています)。

 また、カップ評価で80点を超えるスペシャルティコーヒーのみを仕入れています。
ダテーラ農園2021-2022



◉生豆選別
 藤珈琲が仕入れている豆は、コモディティ商品に比べて格段に欠点豆が少ないですが、農産物ですので全くのゼロではありません。

 藤珈琲では仕入れた生豆を①比重選別機で異物と豆表面の汚れを除去、②ハンドピックによる欠点豆の除去をしています。

 これらにより、水洗いを必要としないクリーンな珈琲豆となっています。
欠点豆 良品
特にカビ豆は徹底的に除去しています。

※食品ロス削減のため、貝殻豆など、味への影響が少ないものは除去していません。



◉保管
 生豆は温度変化に敏感です。品質劣化だけでなく、生豆の温度や水分率の変化により焙煎にも影響が出てしまいます。

 藤珈琲では選別を終えた生豆を、水分蒸発を防ぐ密閉コンテナに入れ、年中13℃に保たれた低温保管庫で保管しています。
藤珈琲 低温保管庫



◉焙煎

 ①ご注文いただいた焙煎豆量となるように逆算して生豆を計量します(銘柄や焙煎度により13%〜20%軽くなるため)。
※計量時にも欠点豆がないか、簡単に確認を行います。

 ②ご指定の焙煎度合で焙煎します。焙煎度合はお客様のお好みで、4段階からお選びいただけます。

 ③焙煎後に欠点豆を除去します。



◉袋詰・発送
 焙煎直後から始まるエイジングを楽しんでいただく為にも、(ご要望がない限り)焙煎 即日発送を基本としています。

 焙煎豆を入れる袋も、珈琲ガスを袋の外に排出しますが、外気の侵入を防ぐバルブの付いた袋を採用しています。 これにより、珈琲の劣化防止に繋がります。

 発送後、バッチごとのトレーサビリティを記録。使用した豆(ロット)を追跡できる様にしています。

RA-TC